つばちゃんドットコム

つばちゃんが手動で運営する個人キュレーションメディア。良質なアウトプットをモットーに日々取り組んでいます

凡人を達人に変える77の心得 レビュー 信は万物の基を成す

凡人と達人の差は何か?本当の努力とは何か?今回はそのことをノムさんに教えてもらった。本書では、凡人から抜け出し結果を出すためにはどうしたら良いか、そのためのヒントが書かれている。その中で重要な要素を2つ紹介する。

 

 

○現実をありのままに捉えて正しい努力を継続すること

 

現実をありのままに観るというのは思いの他難しい。自分が失敗したら誰だってその事実は認めたくないものだ。だが、成功する上で小さな失敗は必ず起こるもの。失敗という事実にどう対処するか、そこをコントロールできるのは自分しかいない。この感覚を持ち正しい努力を継続することが大切だ。

 

例えば、RPGなどのゲームならそれがわかりやすい。自分の今のレベルが客観的に数字で表示されているので、どこに行って誰を倒せばレベルが上がるのかすぐわかる。あとは、実行すればいずれレベルは上がるだろう。最悪攻略本に頼ることだってできる。

 

だが、現実はゲームの世界の様なプログラムされた世界じゃない。客観的に自分を見るためには、くどいほど自己検証を繰り返さなきゃいけないし、他人からの言葉にもしっかりと耳を傾けなければならない。これらには痛みや苦しみを伴うので容易ではない。ここを乗り越えていけるものが今後結果を出していく人なのだろうと思う。努力をするのは自分だがそれを評価するのは他人。結果がついてこないと心が折れそうになるだろうが、自分の思ったほど他人は自分のことを見ていなくもない。この視点を持つことさえできれば少しは気持ちも楽になるのではないだろうか。ノムさんも自分は大したことはしていないと思っていたみたいだが、思いもしない人から感謝されたりすることが多々あったという。努力に即効性はない。自分の目標をしっかりと定めて継続していくしか道はない。要は対応力が全てなのだ

 

○信は万物の基を成す

 

ノムさんが大切にしている言葉「信は万物の基を成す」。意味は、何事にも「信」は大事で全ての基礎となるということ。信頼、信用、自信。確かに生きていて重要な場面では信という言葉をよく目にする。私はその中でも先ほどあげた信頼、信用、自信、この3つの言葉はとても重要だと思う。そして、自信は必ず信頼→信用→自信、この順番によって形成される。

 

まず、自分への根拠のない信頼。これがないと努力なんてできないだろう。そして、努力した先にあるのが結果。その結果が信用となり、それで新しい人間関係ができたり、お金を稼いだりできるようになる。そして初めて根拠のある自信が持てる。その自信を元に自分を信頼して努力する。この繰り返しこそが成長だと思った。この言葉に出会えただけでも読んだ価値は十分にあった。

 

今悩んでいる人は、信用を獲得するフェーズだと思う。他人からの信用が結果だ。結果を出せないということは他人からの信用が薄いということ。ノムさんは、他者への気持ちの配慮だったり、言葉の選び方だったり、そういう些細なことへの気配りが半端じゃない。ここまでするかというくらい考え抜いている。私もノムさんの姿勢を見習ってこれからまた頑張っていく。

 

ビジネスマン必読の一冊だ。