つばちゃんドットコム

つばちゃんが手動で運営する個人キュレーションメディア。良質なアウトプットをモットーに日々取り組んでいます

采配【レビュー】

最近野球がマイブームだ。実は小学校1年生〜中学2年生の途中まで趣味程度でやっていた。当時は楽しくやっていたのだが、中学校の時に監督の鉄拳制裁があって嫌になりやめてしまった。そんな経緯があり、一時期は野球への関心が遠いのいていたのだが何故か最近また興味が沸くようになってきた。直近で言えば、一人でヤフオクドームまで試合を見に行ったりテレビで一試合丸々見てしまう程度である。野球ファンからしたらそんなの大した好きには入らないのだろうが、一般的に見るとミドル層くらいにはなるのではないだろうか。選手の打率やホームラン数など事細かに知っているし、毎日全球団のハイライト動画を見ている。自分なりに試合の状況を整理し、この状況でこの選手は無いだろうとか考えるのが楽しいのだ。さて、話は長くなったが野球を見ているうちに選手や監督はどういう心理で試合に臨んでいるのだろうと気になってしまった。そこで今回読んだのが落合博満さんの「采配」。

落合さんの考え方はいたってシンプルだ。球団の目的は日本一になること。達成する確率を極限まで高めるためにはどうすればよいかがこの本には書かれてある。必要なことは個々の技術(テクノロジー)の底上げ、上達である。そのためには選手たち一人一人に自らで考えてもらい自立してもらう必要がある。だから落合さんは簡単に選手に答えを教えることはせずに、正しい方向に向かわせるための環境だけを整えてきた。失礼な言い方になってしまうかもしれないが彼がやったことは本当にこれだけ。必要最小限の努力で最大限の効果を得るための当たり前のことを愚直に実践してきたということだ。当時俺流という言葉が流行していたが、その言葉の真意とは自立ということだろう。私自身個人事業主で一人の社会人にすぎないのだが、職業の領域は違うとはいえ参考になる部分はたくさんある。私が落合さんから学んだことは、自分に起きている現象をありのままに捉え、打開策(采配)を練ること。そして、自分の望んだ結果を出すために適切な行動をとること。そして、その思考をできるだけコンパクトにシンプルに考えることだ。ITの世界ではアルゴリズムと呼ぶのが適切だろうか。これは一見簡単そうに見えるが実は結構難しい。人間の脳みそは負荷をかけると抵抗するようにできているからだ。だから私は無理やりにでも「シンプルにシンプルに」と自己暗示をかけながらでも実践していけるように頑張っていきたい。この本は野球を全く知らない人が読んでも参考になると思う。対人関係の意思疎通に悩んでいる人は是非手にとって読んでほしい。