つばちゃんドットコム

旅人。本のレビューが中心です!

沈黙-サイレンス-【オススメ映画】

キリシタンの弾圧が行われた江戸時代初期の日本・長崎。幕府による厳しい弾圧の中、キリスト教を隱れて信じ続けた人たちがいた。その苦悩と惨状を描いた映画だ。宗教は長い歴史があり、これまで人類が飢餓や病気に苦しんでいる時に精神的な支えとなってくれたのが神様という存在だ。宗教の信仰とは、信者にとって人生(時間)そのものであり、棄教することは死に等しい。日本を末長く繁栄させようとする幕府とキリスト教を信じ続ける人々の溝はより一層深まっていくのだった。

現代の日本では、多様化した生き方が当たり前の素晴らしい社会になった。しかし、世界規模で見ると宗教弾圧は未だ収まることはない。私がこの映画を見て率直に感じたことは、個人の多様性を認めることが大事だと思った。仏教諸法無我という言葉があるが、意味は私という存在も常に変化する存在であるということ。

この言葉こそ真理であり、自分と他人を明確に区別することはせず、「私はこうだけどあなたはこうだよね。だからこうしよう」と考えれば良いのだ。自分と同じ人は"正"で違う人は"悪"と考える愚かさが憎しみを生み争いが起こる。個人一人ずつが自分と他人を認めてあげることのできる寛容な心を持てれば今より争いは減るだろう。憎しみの連鎖を止めるのは他でもない私たちなのだ。

メルマガは毎週火曜日に配信中!(無料)

メルマガ購読・解除 ID: 1674424
つばちゃんのぼやき
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ